毎月15日はASPからのアフィリエイト報酬振込日

asp

毎月15日は、ほとんどのASPのアフィリエイト報酬振り込み日です。アフィリエイターにとっては、嬉しい日でもあります。

私も指定銀行に振り込みがありました。

3482348234

私の場合は、月10社ほどから毎回入金があります。なぜ複数のASPを使用しているのかをお伝えしようと思います。

ちゃんと理由があります。

ASPを複数使う理由

ASPによって強み弱みがある

「ASPってどこもいっしょじゃないの?」と思っている方もいるでしょう。しかし、ASPによっては、ゲーム案件に強いところ、美容に強いところ、キャッシングに強いところなどなど異なります。また同じ案件でも、アフィリエイト報酬が異なったりもします。

せっかくアフィリエイトするなら、アフィリエイト報酬が高いところを選んでアフィリエイトしています。

万が一を考えリスク分散

ビジネスには必ずリスクがあるものです。アフィリエイトもビジネスの一種ですので何が起こるかわかりません。

特にアフィリエイターが一番注意しないといけないのが、「ASPの利用規約」をしっかり守るということです。

ですが、しっかり守っていても利用規約違反になってしまうことがあります。

例えば、ASPとアフィリエイターの認識違いや、利用規約の忘れなど人間なので長期的にアフィリエイトしていると出てきます。

どこのASPも利用規約違反の場合は、アフィリエイト報酬が没収されたりします。

つまり、守っているつもりがASPからみれば規約違反ってこともあり得るわけです。

アフィリエイト報酬の没収はアフィリエイターにとって死活問題です。ですので、万が一を想定してASPを複数使うことでリスク分散をしています。

複数使うデメリット

メリットがあれば必ずデメリットがあるもです。複数ASPを使うと、ASPの管理が大変です。

どこどこのASPでいくら売れたとかチェックするがちょっと大変だったりします。ですが、リスクを考えると、小さいデメリットです。

例えば、毎月30万近く報酬をもらっているASPから、突然「利用規約違反が見つかりました。アカウントを停止します。」といった感じでアカウント停止メールがきた場合と、10社でリスク分散して、1社からアフィリエイト報酬が没収されるのとでは、リスクの大きさがわかると思います。

まとめ

ASPの登録はどこも無料でできます。ASPによって案件が異なったり単価が異なったりしますので、リスク分散を含め複数のASPを使用することをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>