Googleがページレイアウトを解析して順位付けアルゴリズム

Google検索 アルゴリズム

こんにちわ!!

先日(2014年2月10)に、Googleがページレイアウト分析アルゴリズムを
導入したと発表がありました。

これって、どういったことかというと、

サイトやブログでアフィリエイトしている方は要注意です。

 

Googleの検索エンジンは、WEBサイトを分析して検索ユーザに

最適なサイトかどうかをチェックして順位を決めています。

 

そのアルゴリズムに、今回レイアウト要素も追加になったそうです。

 

WEBサイトは、ヘッダーだったりメインカラム、サイドバー、フッターといったブロックで構成されているんですが、

そのレイアウトブロックごとに適した内容かどうかを判断できるようになっているそうなんです。

 

つまり、サイトを表示したときに表示される画面(ファーストビュー)に

アフィリエイト広告や無関係なコンテンツを表示していると、

今回の検索エンジンのアップデートで影響を受けます。

 

特にアフィリエイターは、要注意。

 

私もアフィリエイターとして活動していますが、

Googleからみれば良質なサイトを検索上位にさせ、広告目当てのサイトは順位を下げる、

もしくは圏外に飛ばしたいのはわけです。

 

アフィリエイターも、これからは良質なサイトを作ってかないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>